読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積みゲー死亡遊戯

これは、頂上が見えない積みゲーの山に果敢にも登り続ける一人の男の物語である。

MENU

【映画】「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」が面白すぎ!

お世話になっております。おつこです。


怪奇現象のドキュメンタリーを模した低予算ホラー映画って色々あると思うんですが、正直どれもチープすぎて見るに耐えないっていうのばかりだと思っていました。あるシリーズを見るまでは。

「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」という作品をご存知でしょうか。私も元々タイトルは知っていたのですが、まぁよくある低予算ホラー映画だろうと高をくくっていました。先日ニコニコ生放送一挙放送をやっていたので全部見たんですけども、これが私が想像してたものと全く違って、めっちゃくちゃ面白かったんですよ。

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-01【口裂け女捕獲作戦】予告


 



この手の作品によくある流れだが…?

第一弾「FILE-01【口裂け女捕獲作戦】」の予告を見てもらえばわかると思うのですが、「投稿されてきた不可思議な映像から、謎を解明するために検証をしていくが、取材を進めるに連れて怪奇現象が起こり…」というこの手のホラー作品にはよくある展開なのですが、モキュメンタリー(フィクションから作られるドキュメンタリー風の表現手法)で撮影されており、基本的にはカメラマンの撮影した映像で物語は進行していきます。

f:id:extreme_otsuko:20160401014632j:plain
ディレクターの工藤(男の人)とアシスタントの市川(女の人)、
そしてカメラマンの田代の3人が主な登場人物です

面白いところとしては、取材スタッフ、登場人物、怪奇現象が色々ぶっ飛んでいるところでしょうか。モキュメンタリーの体をとっておきながら「おいおい!いくらなんでもそこまでやるか!?」レベルのフィクションのネタを仕込んでいます。こういうのって低予算だとどうやっても作り物っぽくなってしまいがちですが、そこを逆手に取り、敢えてフェイクを全面に押し出していく方法は他の作品とは一線を画したものになっていたと思いました。


各作品に散りばめられた伏線がしっかり収束する見事なシナリオ

コワすぎ!は以下のようにシリーズ化しておりまして、ストーリーもそれぞれ繋がっていて、各作品で登場した人物なども別作品で登場することもあります。

第一作:戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01【口裂け女捕獲作戦】
第ニ作:戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-02【震える幽霊】
第三作:戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-03【人喰い河童伝説】
第四作:戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-04【真相!トイレの花子さん】
第五作:戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】
第六作:戦慄怪奇ファイル コワすぎ!史上最恐の劇場版
第七作:戦慄怪奇ファイル コワすぎ!最終章

ストーリーが繋がっているということもあり、各作品には色々な伏線も貼られているのですが、それが最終作に近づくに連れてカチカチと噛み合っていくんですよ。最終章なんて、物語全体の謎だったある事象についてのアンサーがしっかりと描かれており、コワすぎ!シリーズ全体の総括のような作品となっております。最初はただの都市伝説や怪奇現象レベルな話だったのに、段々と人間が足を踏み入れてはいけないレベルまでのスケールまで大きくなり、それが全てリンクしてしかも収束していく様は本当にシナリオが良く練られていると感動しました。


ただのホラーと括ってしまうのはもったいない!

正直な話、タイトルからは「よくあるB級低予算ホラー」の香りがプンプンする、このコワすぎ!シリーズですが、蓋を開けてみると綿密に練られたシナリオ、シリーズ通しての伏線、とにかく個性的な登場人物たち、なんとも隙がない見事な作品でした。
コワすぎ!シリーズ自体は最終章で完結していますが、その続編として「超コワすぎ!シリーズ」としてスタートしています。こちらはまだ未見なので、どこかの機会で見ることができたらなと考えています。
ちなみにこのシリーズの監督である白石晃士監督ですが、次作に控えているのはあの「貞子vs伽倻子」なんですよ。こちらの作品の期待値も上がっちゃいますよね。私は絶対映画館で見に行きますよ!

それでは今日はこの辺で。


各種リンク




広告を非表示にする