読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積みゲー死亡遊戯

これは、頂上が見えない積みゲーの山に果敢にも登り続ける一人の男の物語である。

MENU

【ゲーム】「Quantum Break」はゲームであり、ドラマである

ゲーム Quantum Break 雑記

お世話になっております。おつこです


さてさて、今年発売の注目タイトルの一つであるファイナルファンタジーXVの発売日が決まったわけですが、ゲーム好きの私はそれだけを注目しているわけじゃありません。そんな私が個人的に超期待しているタイトルがありまして、それがついに今週4月7日に発売となります。



f:id:extreme_otsuko:20160406000611j:plain




「Quantum Break(クァンタム・ブレイク)」


ALAN WAKE」や「MAX PAYNE」シリーズなどで知られる「Remedy Entertainment」開発の新作アクションゲーム「Quantum Break」です。
日本語読みにするとクアンタムやらクオンタムやら人によってブレが生じますが、私は「クァンタム・ブレイク」と呼ばせていただきますね。タイトルを聞いても恐らく知らない方のほうが多いとは思いますが、私はこれを2013年のE3からずっと待ってたんです。それでこのタイトル…Xbox OneとWindows10で発売するのですが、国内の本体普及率の問題で私以外にプレイする人が周りにいない!(笑)
なので今回はこの「Quantum Break」について、せめて「あっ面白そう!こんなタイトルあるんだね!」と知ってほしかったので色々語ってみたいと思います。



時を操る能力を得た主人公が世界の危機を食い止める

「Quantum Break」はタイムマシン実験の失敗により、時間がバラバラに砕け散ってしまった世界が舞台となっています。その影響で時を操る能力を得た主人公ジャック・ジョイスはバラバラになった世界の崩壊を食い止めるべく奮闘し、敵勢力との争いに巻き込まれていきます。


f:id:extreme_otsuko:20160406010640p:plain
主人公のジャック・ジョイス

時を操る能力。このゲーム内ではタイムパワーと呼んでいるようですが、このシステムがすごい。とにかくすごい。先ほどのトレーラーにも映っていたと思いますが、実際のゲームプレイ映像を見ていただくとタイムパワーの能力がわかると思います。



恐らくこの手の演出は映画「マトリックス」のバレットタイム(あの有名な身体を反らして弾を避けるシーンに使った手法)が知名度を上げた発端だと思うのですが、あの革命的な演出以降はゲームにも積極的に取り入れられるようになったような気がします。Quantum Breakでは、さながらマトリックスのネオや、ジョジョの奇妙な冒険に登場するDIOのザ・ワールドの様なアクションをプレイヤーが体感することができるんです。それだけでただのアクションではないなというのが分かっていただけたかと思います。


ゲームと実写映像の融合はここまで来た

このゲームの特徴として挙げられるところとしてもう一つ。登場人物は海外の映画やドラマで活躍する俳優を起用しているのですが、まぁそれだけならよく聞く話。Quantum Breakではゲーム内に実写ドラマパートが用意されていて、ゲームの幕間に挿入されているとのことです。詳しい人はトレーラーを見て分かった方もいたと思うのですが、主人公のジャック役はあのショーン・アシュモア。有名どころだと「X-MEN」シリーズのアイスマンといえばピンと来る方もいらっしゃるのではないでしょうか。


f:id:extreme_otsuko:20160406014531p:plain
こちらが実写パートのひとコマ。まさかショーン・アシュモアがゲームで動かせるとは…


また、ゲーム内での選択がその後の実写ドラマに影響を与えるとのことで、ドラマパートも複数用意されていると思われます。最近のゲームはハードの性能も大分上がり、それこそ実写に限りなく近いクオリティでゲームが遊べるようになりました。過去にも実写映像とゲームを融合した作品はありましたが、このQuantum Breakは現時点での最高峰の実写ゲーム作品としても見ることができるかもしれませんね。


実写パートがメインのトレーラーがこちら。ホント海外ドラマみたいです。

 

私的には今年一番の注目タイトル「Quantum Break」

さて、Quantum Breakについてココが良いぞ的なことを凝縮して語ってみました。私的には今年一番注目しているタイトルであるQuantum Breakなんですけども、とにかく他のゲームとはちょっと違ったアプローチをしているなと感じ取れました。まさにゲームであり、ドラマでもある作品になっているのではと期待しています。今回の記事を読んで少しでも気になった方はゲームニュースサイトの記事もチェックしてみてはいかがでしょうか。私個人的には、Xbox Oneと同時購入しても損はないタイトルなのかな。そう思っております。


それでは今日はこの辺で。







各種リンク

広告を非表示にする