積みゲー死亡遊戯

これは、頂上が見えない積みゲーの山に果敢にも登り続ける一人の男の物語である。

MENU

【映画】今更ながら「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」 を見たよという話

お世話になっております。おつこです。



さて、今週末ついにマーベル・シネマティック・ユニバースとしては13作目、キャプテン・アメリカシリーズとしては3作目となる「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカが公開されます。私も今から非常に楽しみです…が!実は前作と前前作のキャプテン・アメリカ見てないんですよね。あぁ叩かないで。というわけで先日ツタヤで借りてきたんです。キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」の2作品。せめて過去作をミニマムでもいいので予習しない訳にはいかないですよねと。


f:id:extreme_otsuko:20160426001652j:plain


んでもってザ・ファースト・アベンジャーを見ました。見ましたよ。結構私好みの映画だったので、感想を語ってみたいななんて思います。

 

キャプテン・アメリカ誕生の過程がしっかりと描かれていた一作

私が初めてキャプテン・アメリカを映像で見たのは「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(以下AoU)」だったんですけども、それ故にキャプテン・アメリカの出生の過程とか理由っていうのはいまいち不明確だったんですね。なので今回この映画を見て、バッチリ理解できました。まさか1942年のお話だったとは。

印象的だったのは、キャプテン・アメリカをヒーローのアイコンとしてプロパガンダに活用されている所を描いていたところでしょうか。ショー中にヒトラーのそっくりさんが出てきてパンチするシーンは中々強烈でしたし、AoUでのキャプテン・アメリカしか知らなかった私としてはキャップってこんな事してたんだ…と割と驚きました(笑)

 

f:id:extreme_otsuko:20160426011428j:plain

このシーンすごく好きです


また、時代背景として第二次大戦がモチーフとなっているため非常に泥臭いヒーローだったという印象を受けました。言ってしまえば地味だけど、己の肉体を武器に次々と敵を倒すキャップは非常にかっこ良く見えました。
余談ですが、海外ドラマ「ARROW(アロー)」にも最近ハマっているんですが、共通点としてはやっぱりスーパーパワーを持たずに敵を倒していくという所があるんですよね。アローなんて身体を極限に鍛えた普通の人間ですし。こういう地味だけど強いってヒーローは私の好みなんでしょうね(笑)


レッド・スカルの強烈なインパクト。一作だけにしておくのは勿体無い!

この映画に登場するヴィランのレッド・スカル。いやぁかなり強烈ですよね。こんな強烈なヴィラン、原作でもキャプテン・アメリカの宿敵ですし一作にしておくのが勿体無いと思うんですよ!しかしヒューゴ・ウィーヴィングVフォー・ヴェンデッタでもそうだったんですが、顔が出てないキャラの方が印象残ること多くないですか?気のせいかな。

f:id:extreme_otsuko:20160426014005j:plain
赤い。凄い赤い。


というか、レッド・スカル多分死んでないですよね?(笑)いや、あの最後は死んだというより消滅とか、どこかの次元に飛ばされたような描写にも見えたので、今後の作品で堂々帰還するのではと思っています。むしろ出てくれ。頼む。


次回作以降で、是非デートの約束を…

ラストのシーンで「デートの約束があったんだった」と、一言残したスティーブ。これがすごくグッときまして。このデートの約束はAoUで意外な形で見ることができるのですが…ザ・ファースト・アベンジャーを見るとあのシーンが何とも残酷に思えてきます。いつか本当のペギーとダンスを踊ることはできるのでしょうか。ウィンター・ソルジャーで分かるのかな?とにかくなんとも心が締め付けられる切なくなる一言でした。

f:id:extreme_otsuko:20160426021837j:plain
美人ですよペギー・カーター


そんなキャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」、とても良い映画でした。私が見てきた他のMCU作品に比べると、派手なところ多くはないですが一つ一つがずっしり来るように思えました。キャプテン・アメリカも出生が分かったので、ひとまずシビル・ウォーのおさらいはできたかな。次はウィンター・ソルジャーを見るわけですが、周りのマーベル好きから聞く評判も良く、見るのが楽しみです。


それでは今日はこの辺で。