読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積みゲー死亡遊戯

これは、頂上が見えない積みゲーの山に果敢にも登り続ける一人の男の物語である。

MENU

【ゲーム】「ラチェット&クランク THE GAME」が面白すぎた

お世話になっております。おつこです。


お盆休みも一応まとまった休みが取れ(何かあれば出勤しそうだけど)、毎日引きこもってゲームをしています。「オーバーウォッチ」もまだまだ絶賛プレイ中ですし、久々の据え置き機新作アイドルマスター プラチナスターズも少しずつ進めています。

そんな中先週買った「ラチェット&クランク THE GAME」が非常に面白く、クリアまで一気にプレイしてしまいました。私自身、実はラチェクラを1作目しかやっていないのですけれども今作はその第一作をリブート(再起動)させた作品という事もあり、私みたいにシリーズを追っていない人でも非常に楽しめる作りになっていると感じました。


f:id:extreme_otsuko:20160814010055j:plain


ご存じの方もいるとは思いますが、「ラチェット&クランク」シリーズはPS2で第1作が発売されていて、今までに13作もシリーズ化されてきました。14作目となるTHE GAMEはシリーズ初のプレイステーション4の対応となり、今までのシリーズとは全てにおいてグレードアップされていました。いやもうホント、感動するくらいに。

 

フルCG映画に飛び込んだような感覚になる綺麗なグラフィック

今作はとにかくグラフィックが凄いんです。ピクサー映画のようなカラフルな世界観がゲームで表現されており、ゲーム開始直後から圧倒的なグラフィックに見惚れてしまいました。ゲームで映画のような表現方法を取り入れている作品は少なく無いとは思いますが、ここまで見事なものはなかったのではと感じました。
最近だとファイナルファンタジーXVのリアルな表現に驚いていたのですが、「ラチェット&クランク THE GAME」は3Dアニメ的な表現をするゲームの最高峰となっているのではないでしょうか。

f:id:extreme_otsuko:20160814021641j:plain
ゲームのグラフィック表現ってここまで進化したのか…


ゲームに登場する個性豊かなキャラクターたちも見事に描かれていて、ゲームをプレイをしているのにフルCGの映画に飛び込んだような感覚になります。絶妙なジョークをテンポよく飛ばしながら喋るのは、見ていて気持ちが良いです。実際ムービーパートの一部は海外で公開され、本作の限定版にも同梱されている「ラチェット&クランク THE MOVIE」のワンシーンを利用しているのですが、ゲーム内のグラフィックがその映画と遜色ない状態で完成しているのが驚きです。

f:id:extreme_otsuko:20160814020437j:plain

f:id:extreme_otsuko:20160814021255j:plain
これがゲームのワンシーンなんです。すご過ぎ。


ストーリーは第一作と基本としてはしていますが、それに加えて新たな惑星やキャラクターも登場し、中盤からはガラリと様相が変わっていきます。リメイクやリマスターというよりは「リブート」という言葉が相応しい理由がそこであると思います。


ド派手なアクションパート、色んな武器を使う楽しさ

Insomniac Gamesはド派手な武器を生み出すのがうまいなと思っていて、同会社が開発していた「RESISTANCEシリーズ」「Sunset Overdriveでもそのような傾向がありました。本作でもそれは健在で、バラエティに富んだ武器がたくさん登場します。「Sunset Overdrive」は私も大好きな作品だったのですが、あのゲームも色んな武器をガチャガチャと取り替えまくってぶっ放していくっていう遊びができるんですよね。今思うとラチェクラの精神を引き継いでいた作品だったのかなと、本作をプレイしていて思いました。




ただ少し残念なのが、クリアした惑星に戻っても敵が殆どいなくなってしまっていたということでしょうか。シナリオ上仕方がないとは思うのですが、そこの部分はもう一工夫あっても良かったのではと思います。

ちなみに私が好きなガラメカは「グルーヴトロン」です。敵に向けて投げると、軽快な音楽が流れ始め、周りの敵を踊らせることができるんです。しかも敵ごとに踊り方が違うんですよ。芸が細かいです(笑)

f:id:extreme_otsuko:20160814030356j:plain
音楽にも数パターンあるんです。楽しい。


PS2版と同様、アクションパートも色々アクセントが効いていて、ただラチェットを操作するだけではなく、レールの上を勢い良く滑っていくパートだったり、シューティングパートがあったりとゲームを最後まで飽きさせない作りになっています。とにかく最後まで楽しい。そんな風に感じました。

f:id:extreme_otsuko:20160814032257j:plain
PS2版にもあったけど、今思うとSunset Overdrive感あります。


シリーズのファンもそうでない人もプレイしてみる価値はある一作

ハードの性能を最大限に活かし、大幅に向上した美麗なグラフィック、個性豊かなキャラクターが織りなす魅力的なストーリー。シリーズのファンも新鮮に楽しめると同時に、1から「再構築」しているからこそ、今作から初めて触れるのも良いのではと思いますし、このCG映画に飛び込んだようなゲーム体験は「ラチェット&クランク THE GAME」でしかできないものでしょう。

映画のBlu-rayが付属している限定版も価格が7000円程度とかなりリーズナブルで、夏休みにプレイするには持ってこいの作品だと思いますので、興味がある方はプレイしてみてはどうでしょうか。


それでは今日はこの辺で。



ラチェット&クランク THE GAME | ソフトウェアカタログ | プレイステーション® オフィシャルサイト

 

広告を非表示にする